金融 証券

2009年7月30日 (木)

株式投資「初心者が株を始める前に」

さて、その前に株というものについておさらいしておきましょう。株についてしっかり理解していないと、なかなか反撃もままなりません。
株式投資の初心者の方は、できるだけ多くの知識を蓄え、判断材料を増やしておく事が必要です。
リーマン・ショックは、初心者だろうが上級者だろうがお構いなしに飲み込んでいく津波のような出来事でした。
株初心者「株」って何?≫続きはこちら


株式投資 実は今がチャンス
 ┃
 ┣ 「株」って何?
 ┣ 何で得するの?
 ┣ キャピタルゲイン
 ┣ 配当金とは?
 ┣ 優遇サービスとは?
 ┣ 情報が命
 ┣ 儲ける為には
 ┣ 売買を始める前に
 ┣ 証券会社の選び方【手数料編】
    ┣ 証券会社の選び方【情報サービス編】
    ┣ 証券会社の選び方【サポート編】
    ┣ 証券会社の選び方【セキュリティ編】
    ┗証券会社の主な種類
 ┣ 実際に株を買う
 ┣ 買った株を売る
 ┣ 損切りを学ぼう
 ┣ 株取引の分析方法
 ┣ ファンダメンタル分析
 ┣ テクニカル分析
 ┣ 株投資の期間
 ┣ 短期の投資
 ┣ 中長期の投資
 ┣ 情報収集はどうやって?
 ┣ 銘柄は業績で選ぼう
 ┣ 銘柄はチャートを見て選ぶ
 ┣ 売るタイミングが一番難しい
 ┣ 口座資金をどう使うか
 ┣ 分散投資が有効
 ┗ 思わぬ落とし穴に注意



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月29日 (水)

不動産投資 [都市計画法]

不動産投資 都市計画法と地域地区

現物による不動産投資では、不動産取得や保有に関して様々な法の規制を受けることを知っておかなければなりません。
都市計画法は、その規制の1つで、無秩序な開発を防止し、計画的なまちづくりを図るための法律です。

都市計画法の中で定められている都市計画区域内では、建築物などに必要な規制を行い、住環境保護や災害・公害の防止など都市環境を守るために、地域地区という制度を設けています。
地域地区には下記のような種類があります。

都市計画法と地域地区≫続きはこちら



不動産投資 不動産とは
 │
 ├ 不動産の有効活用の目的
 ├ 不動産投資の特徴とリスク
 ├ 不動産購入にかかる諸費用
 ├ 不動産の建物別用途
 ├ 都市計画法と都市計画区域
 ├ 都市計画法と地域地区
 ├ 不動産の価格(更地価格)
 ├ 不動産の調査
 ├ 不動産登記について
 ├ 不動産の賃貸条件
 ├ 敷金トラブル
 ├ 投資用マンション販売の悪質商法
 ├ 不動産購入の手順
 ├ 不動産契約の手付金
 ├ 不動産売買契約の特約
 ├ 瑕疵担保責任
 ├ 不動産投資信託
 ├ 不動投資と サブプライムローン問題
     └ 関連リンク≫サブプライムローン
 ├ 中国の不動産バブル
 ├ 建ぺい率・容積率
 ├ 建築基準法
 ├ 用途地域
 ├ 道路関係による建築制限
 ├ 土地の有効活用の方法(1)
 ├ 土地の有効活用の方法(2)
 ├ 建物の維持管理
 ├ ノンリコースローン
 ├ 区分所有法
 └ 建物の耐震



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

外資系企業への転職




外資系企業への転職は有利か不利かを考える
 │
 ├ 転職の理由
 ├ 転職の是非
 ├ 転職に有利な年齢、不利な年齢
 ├ 転職に有利な職業
 ├ 転職希望者には外資系企業が人気
 ├ 外資系企業の定義
    ├ 分類 その1
    ├ 分類 その2
    ├ 分類 その3
    └ 分類 その4
 ├ 外資系企業の特色 給料編
    ├ 特色 通勤時間編
    ├ 特色 人間関係編その1
    ├ 特色 人間関係編その2
    ├ 特色 入社編
    ├ 特色 社員編その1
    ├ 特色 社員編その2
    ├ 特色 社員編その3
    └ 特色 就職編
 ├ 外資系企業への転職に必要な語学力
    ├ 転職の際の履歴書
    ├ 転職の際の面接
    └ 転職で求められる能力
 ├ 外資系企業と日本企業の違い
 ├ 外資系企業のメリットとデメリット その1
    ├ メリットとデメリット その2
    └ メリットとデメリット その3
 └ 外資系企業【マイクロソフト】
    ├ 主な外資系企業 その1
    └ 主な外資系企業 その2
介護の資格講座なら介護教室『ほっと倶楽部』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

資産運用「幸せな資産運用」



人間が生きていくことにはお金は絶対に切り離せない存在です。
ですのでお金は大切にしなければなりません。
私たちは義務教育でお金の大切さについて授業として習ったわけではありませんが、物心ついたころには自分でお金を扱っています。
そこから死ぬまでずっとお金とはお付き合いしていかなければいけません。
だからこそ自分で知識を得て、いかに自分に合った資産運用をするかというのが非常に大事になってきます。
それは年齢を重ねるごとに資産運用の大切さがわかってくると思います。
資産運用と一つの言葉でまとめると非常に難しくてわかりにくいイメージが払拭できないですが、資産運用といっても種類は様々です。
リスクの高い難しい運用方法もありますし、初心者でも少ない資金でできる運用方法もあります。
結論はそれをどう生かすかによって最終的には大きく変わってくるのだと思います。
ハイリターンを夢見てたくさんのお金を投資したはいいがこのご時世。
ハイリターンの夢が吉にでるのかそうでないのかは専門家ですらわからない場合があります。
ですが大きな見返りがあればそれは結果的によかったということになります。
賭け事のように運用するのではなく、目的をもって運用に望んだほうが先々の目安やプランが立てやすいのは言うまでもありません。
資産運用をうまく利用して幸せな暮らしをしましょう。


資産運用
【10年後に差がつく資産運用とは?】
 │
 ├ 資産運用とは
 ├ 資産運用を始める前に
 ├ 始めの一歩
 ├ 身近な資産運用
 ├ 定期預金1
     └ 定期預金2
 ├ MMFとは
     └ 外貨MMF
 ├ 投資信託
     └ 投資信託(2)
 ├ 失敗しない資産運用
 ├ 外貨取引
 ├ 資産運用は慎重に
 ├ 国債と資産運用
 ├ 金利は重要
 ├ 安全性
 ├ 為替レート
     └ 為替レートの動き
 ├ 株と資産運用
 ├ ウォーミングアップ
 ├ ミニ株と資産運用
 ├ 老後のために資産運用
 ├ 真剣に資産運用を考える
 ├ 計画的な運用を
 ├ 負債と資産運用
     └ リスクと資産運用
 ├ 個人年金
     └ 個人年金での運用
 ├ 退職金を運用する
 └ 資産運用で幸せに


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

商品先物取引



 リーマンショック以降、金融に関する関心がかなり高まってきています。
さらに、オバマ大統領が就任した事で、それに輪をかけて経済に対してのニュースが増えてきました。
大統領が就任した事で、アメリカの経済がよくなるという期待感から、ドルを買う動きが見られるのでは、あるいは海外の株が買われるのでは、といった形で、特にアメリカの金融に関する期待が高まっています。
そしてそれは、「アメリカがくしゃみをしたら……」と揶揄される日本にも当然影響が及び、日本国内の金融への関心も高まっています。
今が一番、金融への注目が集まっている時期かもしれません。

そんな中、先物取引の一種である商品先物取引にも、かなり興味を持っている方が増えてきているようです。
とはいっても、まだ数ある金融取引の中では、マイナーな部類に入るかもしれませんね。
そんな商品先物取引に関して、簡単にですがご説明します。
商品先物取引≫続きはこちら

アマゾンランキング1位を獲得!書籍『お金の教養』

商品先物取引とは?
 ┃
 ┣ 商品先物取引 歴史
 ┣ 商品先物取引を知ろう
    ┣ メリット(1)
    ┣ メリット(2)
    ┗ デメリット
 ┣ 申込方法
 ┣ 会社の選び方
 ┣ 手数料
 ┣ 基本知識
 ┣ しくみ
 ┣ 証拠金とは
 ┣ 売買注文方法
    ┣ 注文時のチェック
    ┣ 成り行き注文と指値注文
    ┗ 指成注文と引成注文
 ┣ 取り扱う商品
    ┣ 金について
       ┗ 金の価格変動
    ┣ 銀、プラチナ
    ┣ アルミニウム、パラジウム
    ┣ 原油
    ┗ ガソリン
       ┗ ガソリンの価格変動
    ┣ 灯油、軽油、天然ゴム
    ┣ トウモロコシ
    ┣ 大豆
    ┣ 小豆、コーヒー
    ┣ 鶏卵、ブロイラー
 ┗ サヤ取りを覚えよう




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、日経平均株価225種(TOPIX)や東証株価指数などの指数と連動して、ファンドの基準価格が、その値動きへの追随を目指します。

例えば日経225との連動を目指すファンドでは、日経225に採用されている銘柄を原則として同じ株数ずつ組み入れます。
ただし、指数そのものと違い、インデックスファンドでは株式の売買手数料などのコストがかかります。
また、解約などに備えて現金的な運用や、資金の流出入に伴う調整も必要です。
そのため指数の動きと完全に連動するとは限りません。
特に東証株価指数は東証1部上場の全銘柄を対象にしているので、対象銘柄は約1700にもなります。
これらの銘柄を全部ファンドに組み込むとコストは膨大になります。
このため取り扱っている各社では、より少ない銘柄で東証株価指数にファンドの値動きが連動するようシステムを開発しています。
できるだけ効率的・低コストの運用を行って指数との乖離幅を少なくし、東証株価指数に可能な限り連動することを目指しています。

インデックスファンド≫続きはこちら



インデックスファンド
 │
 ├ 日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)
 ├ 社会的責任投資信託(SRIファンド)
 ├ ETF(株価指数連動型上場投資信託)
 ├ 東証(東京証券取引所)のETF
 ├ インデックスファンドのメリット
 ├ インデックスファンドの選ぶ際の注意点
 ├ TOPIXニューインデックス・東証規模別株価指数
 ├ TOPIX Core 30(トピックスコア30)
 ├ 東証業種別株価指数、TOPIX-17シリーズ
 ├ ブル・ベアファンド
 ├ 東京証券取引所の市場別の指数
 ├ 中国の指数
 ├ 日本経済新聞
 ├ 野村證券のインデックス
 ├ NOMURA日本株地域別インデックス
 ├ 世界の指数 その1
     └ 世界の指数 その2
 ├ 投資信託の用語(1)
     ├ 投資信託の用語(2) 
     └ 投資信託の用語(3)
 ├ DCファンド
 ├ 投資者保護の仕組み
 ├ 公社債投資信託と株式投資信託
 ├ ポートフォリオ
 ├ 金融商品のリスク
 ├ セレクトファンド
 ├ エマージング(新興国)
 ├ スタンダード&プアーズの指数
 └ 商品先物連動型ファンド



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

外貨預金「外貨預金とは」

外貨預金と言うのは「ドル」や「ユーロ」など外国通貨で預金をすることを指しています。
預金はもちろん利息も外貨で受けとるようになります。

「ドル」「ユーロ」だけではなくてさまざまな通貨での預金が可能なようです。どの通貨で取引するかによって金利・預け入れ・引き出しにかかる手数料が異なります。

いろいろな通貨で預金ができるとなると何を選択していいのかわからなくなりますよね。
何かポイントやヒントなどがあればいいですね。
外貨預金≫記事の続きはこちら

外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円


外貨預金【外貨預金の選択ポイント】
 ┃
 ┣ 外貨預金とは
 ┣ 外貨預金メリットとデメリット
 ┣ 外貨預金という商品
 ┣ 外貨預金の仕組み
 ┣ 外貨預金の種類
 ┣ 種類による商品性の違い
 ┣ 外貨預金の選択ポイント(1)
    ┣ 外貨預金の選択ポイント(2)
    ┗ 外貨預金の選択ポイント(3)
 ┣ 外貨預金を始める(1)
    ┣ 外貨預金を始める(2)
    ┗ 外貨預金を始める(3)
 ┣ 外貨預金は預金保険の対象?
 ┣ 外貨預金のリスク
 ┣ 外貨預金のメリット
 ┣ ただやらないために(1)
    ┗ ただやらないために(2)
 ┣ 使用できる通貨の種類
 ┣ 仕組みを知って利益を得る
 ┣ 外貨預金の魅力
 ┣ 外貨預金と為替
 ┣ 明日からできる
 ┣ 高金利を考える
 ┣ 外貨預金の金利
 ┣ 外貨預金のリスク
 ┣ 外貨はどの通貨を選ぶ?
 ┣ 始めるタイミング
 ┣ 盗難対策
 ┣ 外貨預金の商品
 ┣ 外貨預金のタイミング
 ┗ 外貨預金とFXとの違い

外貨預金の10倍パワー!小資金でも1日1万円の金利生活・月30万円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

オンライントレード

オンライントレードとはインターネットを利用してできる証券取引を指します。
別名でネットトレードともいいます。
店舗で証券取引するのとは違い、インターネットで24時間いつでも証券取引ができるのが特徴です。
オンライントレードは夜間でも取引ができます。
今ではオンライントレードを楽しんでいる人は400万人以上と言われています。
店舗で取引するよりも手数料が安いという魅力もあり、オンライントレードがとても人気を集めています。
既存の証券会社以外にも、新規設立や海外企業からの参入など、競争が激しく、たくさんの証券会社が存在します。
各社様々なサービスを提供することで他社と差別化をはかっています。
また手数料の引き下げ競争も激化しており、初心者でも手軽に証券取引を楽しむことができるものがオンライントレードです。
インターネットでできるため、個人投資家が利用している場合が多いのも特徴の一つです。
個人投資家の約70%がオンライントレードを利用しているのです。
自宅にいてもいつでも証券取引が可能で、仕事が終わった後や家事の合間に楽しむことができます。
最近ではインターネットだけではなく携帯でもオンライントレードが可能になっています。
いつでもどこでも証券取引ができるのです。
オンライントレードは株や経済ニュースといった情報が充実しているのも魅力です。
新聞などに比べると株に影響しそうな新しい情報をすぐに手に入れることができるのです。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

オンライントレード【自由な時間に証券取引】
 ┃
 ┣ オンライントレードとは
 ┣ オンライントレードの魅力
 ┣ オンライントレードの注意点
 ┣ オンライントレードに必要なもの
 ┣ 口座開設する
 ┣ 初心者の証券会社選び
    ┣ ネット証券
    ┣ 大和証券
    ┣ 日興イージートレード
    ┣ 野村證券
    ┗ 新光ネット倶楽部
 ┣ 手数料の比較
 ┣ 証券会社のサービス
    ┗ 証券会社サービス(2)
 ┣ 体験セミナー
 ┣ 携帯電話
 ┣ デイトレード
 ┣ 夜間取引
 ┣ バーチャル取引
 ┣ ツールが大切
 ┣ 株式投資のメリット株式投資
 ┣ 株主総会
 ┣ チャート
 ┣ 個人向け国債
 ┣ 外貨建てMMF
 ┣ 外為オンライン
 ┣ 株主優待
 ┣ 商品先物取引 商品先物取引
 ┗ 長期保有



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

FX取引の専門用語



FX用語というのは、FXに関する様々な専門用語のことですが、今後新たに定着しそうなFX用語が2008年に生まれました。
それは、「リーマンショック」です。
このリーマンショックとは、アメリカで2番目の規模を誇る証券会社「リーマン・ブラザーズ」が2008年9月15日に事実上の破綻をした事で、アメリカはおろか世界経済が大混乱に陥った一幕の事を指します。
これによって、世界各国の株式市場、そして為替市場が大打撃を受けました。
何故、アメリカの証券会社の破綻が日本を始め世界各国に大きな影響を与えたのでしょう。
それにはまず、サブプライムローンが大きく関わっています。
このサブプライムローンというのは、アメリカが低所得者向けに行ったローンだったのですが、住宅の価格の上昇が止まったことなどが問題となり、アメリカ経済を狂わせた要因の一つと言われるようになった一連の騒動です。
そのサブプライムローンで貸付をしていた「リーマン・ブラザーズ」が倒産した事で、サブプライムローン問題の再燃を危惧した投資家が売り注文を殺到させ、ドルにおける対円、対ユーロといったところが値下がりを起こしました。
その後、ドルに対しての不安は一層広がり、日本やヨーロッパ国内における海外の投資家も現金確保のために売り注文を出し、値下がりがおき、これを見た国内投資家も売り注文を殺到させた、というのが主な流れです。
負の連鎖と言って良いでしょう。
こういった流れが起きてしまったことで、世界各国の為替市場は9月下旬以降、大きく値を下げました。
日本円の組み合わせを例にしてみると、アメリカはもとより、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、 英ポンド、カナダドル、スイスフランと、主要どころは全滅といった状況です。
株は勿論、FXにおいてもリーマンショックは非常に大きな損害を与える騒動となりました。
FX用語にリーマンショックが加わる事は間違いありません。

FX取引の専門用語
 │
 ├ アメリカドル
 ├ ニュージーランドドル
 ├ オーストラリアドル
 ├ アナリスト
 ├ 売りから入る
 ├ クロス取引
 ├ 機会損失
 ├ 先物取引
 ├ 塩漬け
 ├ 空売り
 ├ 資金ショート
 ├ ロスカット
 ├ スプレッド
 ├ 2WAYプライス
 ├ スワップ
 ├ 通貨ペア
 ├ リスクヘッジ
 ├ 利食い
 ├ IFD注文
 ├ OCO注文
 ├ IFO注文
 ├ シグナル
 ├ 気配値
 ├ レバレッジ
 ├ 含み益、含み損
 ├ 移動平均線
 ├ 逆張り
 ├ トレンド
 └ 戻り、押し目

本業投資家や中途半端なFXマニアさんは絶対に買わないでください。FXで貧乏脱出する完全成功指南書

エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!

携帯電話と最新デジタルガジェットセット

【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

ネット証券≪自分の時間にオンライントレード≫



ネット証券とは

ネット証券とは、インターネット上で取引のできる証券会社のことを言います。
少し前までは野村證券、日興證券(現、日興コーディアル証券)※三井住友グループが買収合意、大和證券といった証券会社に自分で足を運ぶというものが主流でしたが、今では多くの人がネット証券を利用しています。
ネット証券ではお店に足を運ぶ必要もないため、簡単に投資を始めることができます。
個人の投資家の多くはネット証券を利用しているのです。
インターネットの普及が進むにつれてネット証券も注目を浴び、誰でも手軽に株の取引を楽しむことができるようになっています。
手間を省くこともでき、ネット証券は証券会社に比べて手数料も安いという点が特徴です。
ネット上で個人情報を送れば、自宅に書類が送られてくるので申し込みもとても簡単にできます。

ネット証券とは≫つづきはこちら

ネット証券【自分の時間に証券取引】
 ┣ ネット証券とは
   ┣ ひまわり証券
   ┣ 松井証券
   ┣ SBI証券
   ┣ 楽天証券
   ┣ バンダレイ証券
   ┣ クリック証券
   ┗ マネックス証券
 ┣ ネット証券のメリット
 ┣ デメリット(1)
   ┣ デメリット(2)
   ┗ 携帯サイトを利用
 ┣ 人気商品
 ┣ 夜間取引
 ┣ 税金
 ┣ 株主優待
 ┣ FX取引
   ┗ 関連リンク【 FX取引 】
 ┣ ミニ株
 ┣ 中国株
 ┣ ネットバンク口座
 ┣ 自動売買
 ┣ IPO株
 ┣ 投資信託
   ┗ 関連リンク【投資信託】
 ┣ 日経225
   ┗ 関連リンク【日経225オプション】
 ┣ デイトレード
   ┗ 関連リンク【オンライントレード】
 ┣ 貸株サービス
 ┣ グリーン市場
 ┗ 信用取引



| | コメント (0) | トラックバック (0)